赤ちゃん 乳児 新生児 幼児 の アトピー アレルギー 湿疹 かゆみ 皮膚 の トラブル 症状 情報サイト
いよいよアトピー大敵、乾燥のシーズンがやってきました!お肌の乾燥に気をつけましょう!

アトピーを防ぐお部屋環境

アトピーを防ぐお部屋環境





気になる記事をクリックしてください。




アトピーを防ぐ環境作り


赤ちゃんは自宅で1日の大半を過ごします。

そのため、お部屋の環境はアトピーアレルギーの赤ちゃんにとってとっても大切な要素となります。

赤ちゃんがアトピーに負けないためにも、パパやママは、お部屋の環境に気を配りましょう。

アレルギー体質であるアトピー性皮膚炎の赤ちゃんにとって、ホコリやダニなどは、アトピーの原因のアレルゲンになってしまうので要注意です。

以下のような点に注意して、アレルギー反応を起こさせないお部屋環境を整えましょう。

@毎日の掃除でチリやホコリを残さない。
Aインテリアはシンプルなものにする。
Bホコリが出る布製品はあまり置かない。



お部屋の注意1 <チリやホコリのない清潔な空間作り>


アトピーの赤ちゃんが快適に過ごせる室内環境は、室温20度前後、湿度50%くらいの環境です。

最近の住宅は密閉性が高く、部屋を閉めきったままにすると、室内にほこりが充満し、温度も上がってしまいます。

これはアトピー性皮膚炎をもった赤ちゃんにはよくない環境です。

1日3回は窓を開けてしっかり換気しましょう。

またエアコンを使う場合は、ホコリがたまりやすいフィルターをこまめに掃除して使いましょう。


ページのトップへ ▲




お部屋の注意2 <布製品は極力置かない>


ソファや布団などの布製品は、アレルゲンになるダニの温床になりやすいので、できるだけ置かない方がいいでしょう。ソファーは革製品だと安心です。

また、ホットカーペットは、ダニが多く繁殖し、そのうえ赤ちゃんの体を温めてしまいます。ホットカーペットは極力使わない方がよいでしょう。

赤ちゃんのおもちゃも、木製やプラスチック製のものの方が安心です。


お部屋の注意3 <床はフローリングが◎ 掃除はふき掃除が◎>


どこの家庭にもあるじゅうたんや畳も、実はダニやほこりの温床になりやすいものです。できれば、フローリングが望ましいところです。

掃除は、しっかり絞ったぞうきんで床ぶきをするのが最も効果的。ホコリのたまりやすい家具の上や窓のさんなども、めんどくさがらずに毎日ふきそうじをしてあげましょう。

畳を掃除する場合は、200W以上の掃除機で設定を「強」にして、1畳あたり30秒以上かけるのが目安です。

また、掃除中はほこりが部屋中に舞っていますので、赤ちゃんは掃除中の部屋には入れないでください。

アトピー掃除.JPG
ふき掃除はこまめに!


ページのトップへ ▲








無料! 赤ちゃん 乳幼児 の アトピー情報満載!
あとぴナビ 公式サイトはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓